徒然日記 その110~120

徒然日記 その120
楽しかったXYZ→Aとの東名阪ジョイント・ライヴ・ツアーも終わった。XYZ→Aは、ステージでの楽しさ、上手さは勿論の事、流石関西のミュージシャン、打ち上げでもとても面白いし、何よりも名古屋で飲んだ時、…
徒然日記 その119
友人を訪ねて山梨県の石和に行って来た。晴れ渡ったドライブ日和、中央道の深い緑が目に安らぎを与えてくれる。四方を山に囲まれた盆地にあるこの街は、初めてなのに何故か懐かしさを感じるような暖かい雰囲気があっ…
徒然日記 その118 夏の終わりに
ギター音の一生:ギターの音は減衰音。指やピックで振動を与えられた弦は、次第にその振幅を小さくしていき、やがて静止する。今夜ふと、音と命とを重ねて考えてみた。弦によって、或いは弾く強さによって振動時間は…
徒然日記 その117
最近本当にギターバトルづいている。今年はLIVE沢山やるよと宣言したら、こちらから企画したもの以上に、いろんな人達から声がかかり、毎回楽しい思いをさせてもらっている。土曜日も是ちゃん、米ちゃんとセッシ…
徒然日記 その116
8月7日、川崎チッタでのハードロック・サミットにスペシャル・トリオを組んで出演した。一緒にやったバカボンや小森くんはハードロック界の人達ではないが、パワーやエネルギーに溢れ、強烈なインスピレイションを…
徒然日記 その115
梅雨も明けた7月20日、エアコンフル稼動でも外よりも暑かったU.G.F.。メンバー、そして観に来てくれた人達、本当にありがとう。今回は、ギターにレッド・ウォーリアーズのSHAKE、元シャム・シェイドの…
徒然日記 その114
112で書いた"お花畑"に対しての答、各方面の方から答を頂いて「なるほど。」と納得しました。結論からすると、あれは全身麻酔ではなく、静脈鎮静法といって、やはりちょっとヤバイお薬を使うようですね。ま、薬…
徒然日記 その113
森雪之丞さん、秋吉久美子さん、大高洋夫さんとのポエトリー・リーディングというLIVE、詩の朗読と音楽の融合というとても新鮮な体験だった。当初はもっとオケを用意してその上でギターを弾こうかとも考えていた…
徒然日記 その112
前回の人間ドック話に続き、今回も胃の検査の話をしたいと思う。これは数年前、知り合いと一緒に飲んでいる時に聞いた話。僕はそこで驚愕の事実を知ってしまった。彼はかなりのリッチマン。普通の病院とかへは行かず…
徒然日記 その111
先日、生まれて初めて人間ドックというものを体験した。毎年のように友人にも勧められ、自分でも「ま、一回検査してみるのもいいか。」と思ってはいたものの、胃カメラだのバリウムだの、なんか嫌~なイメージが頭を…
徒然日記 その110
夜中にふと曲が浮かんできて止まらなくなることがある。例えば20歳そこそこの頃、突然フルオーケストラによる交響曲みたいなものが流れ始め、それが延々と続いて自分でも驚いたこともあった。しかも一つ一つの音が…